日本国史略

読書

日本国史略

にほんごくしりゃく

概略

日本国史略。国史略とも。

巖垣松苗*1明治年間刊、全五巻、天地創造から後陽成天皇聚楽第行幸(1588年)迄の天皇を中心にした歴史や論評を付すの漢書

六国史日本紀略をダイジェストした上に、先代旧事本紀の影響もみられる。大鏡軍紀物語、野史など信憑性が低い記事をも取り込む傾向もあって、そして天皇の絶対性に拘る性格も感じられる*2

書中凡例、「自天照皇太神創業垂統、而神武天皇初都中國一統天下、歴正天皇正統一系、亘萬世而不革、天下即一人之天下。*3。」との一節がある、「萬世一系」思想との関わりも指謫される。




目録

*1:從五位下大舍人助兼音博士源朝臣松苗編次。婿從六位下出羽介和氣義真校。

*2:例えば、六国史にない史料が積極的取り込む姿勢が有っても、『続日本紀』が消しられたけど『日本紀略』にある早良親王の絶食記事が取らない方向ってわけで。

*3天照大神、業を創め統を垂れたまひ、而して神武天皇初めて中つ國に都し、天下を統一したまいし自り、歴世の天皇、正統一系萬世に亘りて革まらず、天下は即ち一人の天下