スマートフォン用の表示で見る

日本国有鉄道経営再建促進特別措置法

社会

日本国有鉄道経営再建促進特別措置法

にほんこくゆうてつどうけいえいさいけんそくしんとくべつそちほう

かつてあった日本の法律

(昭和五十五年十二月二十七日・法律百十一号)

日本国有鉄道改革法等施行法の施行により廃止。

(趣旨)

第一条
この法律は、我が国の交通体系における基幹的交通機関である日本国有鉄道の経営の現状にかんがみ、その経営の再建を促進するため執るべき特別措置を定めるものとする。

(経営の再建の目標)

第二条
日本国有鉄道の経営の再建の目標は、この法律に定めるその経営の再建を促進するための措置により、昭和六十年度までにその経営の健全性を確保するための基盤を確立し、引き続き、速やかにその事業の収支の均衡の回復を図ることに置くものとする。

(責務)

第三条
日本国有鉄道は、その経営の再建が国民生活及び国民経済にとつて緊急の課題であることを深く認識し、その組織の全力を挙げて速やかにその経営の再建の目標を達成しなければならない。

  国は、日本国有鉄道に我が国の交通体系における基幹的交通機関としての機能を維持させるため、地域における効率的な輸送の確保に配慮しつつ、日本国有鉄道の経営の再建を促進するための措置を講ずるものとする。


以下、略