日本十進分類法

読書

日本十進分類法

にほんじっしんぶんるいほう

日本十進分類法とは

日本で使われている図書分類法。略称はNDC(Nippon Decimal Classification)。

1929年森清が発行したものから始まり、現在では日本図書館協会が引き継いでいる。

日本目録規則(NCR)、基本件名標目表(BSH)と並んで図書館で使われる三大ツールである。

分類体系

列挙型分類表であり、概念をツリー状に組織したものである。列挙の順序はカッターの考案した展開分類法を参考にしている。記号の表記にはアラビア数字を使用する十進法を用いている。

具体例

具体例として分類の第一段階の十のカテゴリを記す。かっこないは含まれる主な本。

0 総記(情報整理、図書館学コンピュータ関係、雑学/トリビア百科事典、複数のジャンルにまたがる叢書類)

1 哲学宗教哲学各論、東洋・西洋思想、心理学倫理学宗教、人生訓)

2 歴史、地理(歴史、伝記、地理

3 社会科学(政治、法律、社会、経済、教育、風俗・民俗軍事等。受験も株も自衛隊冠婚葬祭もここに入る)

4 自然科学数学理学医学

5 技術、工業(工業。Web・HTML等の通信技術、裁縫・料理・育児などの実用書、CAD自動車・バイク・飛行機のカタログ)

6 産業(農林水、商、家畜等諸産業。車のカタログ・リフォームなど。小売店舗のノウハウ本等)

7 芸術(彫刻、工芸絵画書道、写真等。また音楽、映画、漫画など。スポーツ・格闘技等もここに)

8 言語(諸言語、語源、辞典、文法、文章、作文、読本、解釈、方言等)

9 文学(諸国文学。小説、物語、詩歌、戯曲、エッセイ・随筆、日記、記録、評論等)

歴史

 発行年を記す。

第1版
1929
第2版
1931
第3版
1935
第4版
1939
第5版
1942
第6版
1950
第7版
1961
第8版
1978
第9版
1995

第9版からその編集にコンピュータデータベース技術を使ったと言う。

……遅すぎないか?

ウエブ図書館はてなブックマーク版司書募集のお知らせ

ウエブ図書館では、はてなブックマーカーの皆様に積極的に[NDCn]タグを利活用して頂けるよう、現在司書の方を募集しております。

詳細につきましてはwebloglibraryグループ(ウェブログ図書館)をお読みください。