「花子とアン」にみる大正期のフィランソロピー