スマートフォン用の表示で見る

日本鉄道建設公団

社会

日本鉄道建設公団

にほんてつどうけんせつこうだん

[英] Japan Railway Construction Public Corporation

日本鉄道建設公団は、かつて東京都千代田区に事務所があり、日本国有鉄道国鉄)をはじめとする鉄道建設事業を行っていた特殊法人略称は「JRCC」・「鉄道公団」・「鉄建公団」。

日本鉄道建設公団法に基づき1964年3月23日に国と国鉄の出資で発足。

主管官庁は、運輸省鉄道局財務課、運輸省鉄道局総務課、運輸省鉄道局特定監理業務室。根拠法は日本鉄道建設公団法

国の特殊法人改革の一環で2003年9月30日付で解散し、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構に統合された。

事業目的

事業目的 鉄道の建設等を推進することにより、鉄道交通網の整備を図り、もって経済基盤の強化と地域格差是正に寄与するとともに、大都市の機能の維持及び増進に資することを目的とする。