日本道観

一般

日本道観

にほんどうかん

日本道観は 昭和55年「導引術」をはじめとする気の健康術を指導する場として早島天來(筆名/早島正雄)によって福島県いわき市設立された。心とからだの健康をサポートするために、「導引術」、「動功術」、「洗心術」という気のトレーニングの指導を行っている。

導引は、五千年前の中国に生まれ、呼吸法と体の動きを組み合わせることで、体内の気の流れを活発にして健康的な体を作ります。四世紀末に三體千字文と一緒に日本に伝えられた「導引」を、早島天來が、現代の生活に合わせて一般にもわかりやすく、学びやすいように体系化したものが日本道観の「導引術」。

そして、静して体内に気を取り入れる「導引術」だけでなく、動きから体内に気を取り入れ体中すみずみまで回す健康武術である「動功術」、さらに師との対話から生き方について根本原理を説く「洗心術」の指導も併せて行っている。