スマートフォン用の表示で見る

日本二十六聖人

一般

日本二十六聖人

にほんにじゅうろくせいじん

日本の安土桃山時代豊臣秀吉の命令によって長崎で処刑された26人のカトリック信徒。1597年2月5日に殉教。1627年9月14日に列福された後に1862年6月8日にローマ教皇のピウス9世によって列聖され聖人になった。