スマートフォン用の表示で見る

日本不動産銀行

一般

日本不動産銀行

にほんふどうさんぎんこう

1957年、朝鮮銀行台湾銀行の残余財産を元に、長期信用銀行法に基づく長期信用銀行として設立

割引日本不動産銀行債券(ワリフドー)及び利付日本不動産銀行債券の二種類の金融債を発行し、資金調達を行っていた

歴史的に、民族系企業や韓国外換銀行などとの取引が厚く、しばしば政治家の隠し資金を匿名口座で預かっていたことから「政治家の貯金箱」「田中銀行」「竹下銀行」「金丸銀行」と呼ばれた

1964年東京証券取引所株式上場

1977年10月、行名を日本債券信用銀行に変更。現在のあおぞら銀行