日本法律学校

一般

日本法律学校

にほんほうりつがっこう

日本法律学校とは、明治期の法律学校である。

五大法律学校と称される欧米志向の法律学校に対し、日本独自の法律を研究することを趣旨として、山田顕義の指揮の元、穂積八束や金子堅太郎らにより設立された。

司法省指定学校を経て、1903年に現在の日本大学となる。