スマートフォン用の表示で見る

日本労働総同盟

社会

日本労働総同盟

にほんろうどうそうどうめい

第二次世界大戦前の日本に存在した労働組合の全国組織。略称は総同盟現実主義反共主義労使協調主義を掲げる社会民主主義系の団体だった。

1912年に結成された友愛会を源流とする組織で1921年に改称して設立された。1940年7月に自主解散し、産業報国会に組み入れられた。