日本巫女史

読書

日本巫女史

にほんふじょし

中山太郎氏代表的な著作、日本シャーマニズム研究の金字塔

元は八木書店刊だが、再版はパルトス社、今は共に絶版中。



日本巫女史 中山太郎歴史民俗シリーズ 3

神憑りの実相を古代から近代まで詳細に考証。

巫女の種類と名称/

巫女教としての原始神道

巫女の呪術の目的と憑き神/

巫女の用いた呪言と呪文/

祝詞の呪術性/

言霊の神格化と巫女

フトマニと巫女

呪術用の器具/

巫女の作法と呪術の種類/

鎮魂と招魂/

久延毘古の観水呪術/

水系の呪術/

巫女の呪術と道教の影響/

修験道の発達と巫道の交渉/

巫女の漂泊生活とその足跡/

憑きものと巫女

オシラ神/

関東のイチコ頭・田村家の消長/

当山派の修験巫女と吉田家/

外法頭を持つ巫女

口寄せ作法/

常陸土浦のモリコ/

越後三面村の変態的巫術/

巫女の人形/

天王寺村の黒格子/

紀州の算所と巫女

出雲の刀自話し/

我が国最大の巫女村・信州禰津村とノノウ/

明治巫女禁断とその後。



日本巫女史 (中山太郎歴史民俗シリーズ 3)