日本SF作家クラブ

読書

日本SF作家クラブ

にほんえすえふさっかくらぶ

1963年3月5日に発足した、SF作家のための親睦団体。発足当初のメンバーは11人で、初代の事務局長は半村良だった。1976年には、事務局長職だけではなく、会長職も作られ、こちらは星新一が初代会長となった。また漫画家、批評家など、かならずしもSFがメインではない小説家にも門戸を開いているのが特徴と言える。

2005年10月現在、会長は山田正紀、事務局長は武田康廣

日本SF大賞」「日本SF新人賞」というふたつの賞を主催している。