日野原重明

一般

日野原重明

ひのはらしげあき

日野原重明は日本の医師、聖路加国際病院名誉院長。

1911年10月4日生まれ、山口県吉敷郡下宇野令村(現:山口市)出身。

京都帝国大学医学部卒業。

1941年、内科医として京都帝国大学病院に勤務。

1954年、民間病院としては初めて人間ドックを開設。定期健康診断による早期発見、早期予防の医療を定着させた。

1952年聖路加国際病院院長補佐(研究・教育担当)に就任。

1953年国際基督教大学教授に就任、以後4年間「社会衛生学」などを講じつつ同大学診療所顧問なども務める。

1970年、「よど号ハイジャック事件」に乗客として遭遇。

1971年、聖路加看護大学副学長及び教授に就任。

1973年財団法人ライフ・プランニング・センター設立、同理事長就任。

1974年、聖路加国際病院を定年退職、聖路加看護大学学長に就任。

1980年聖路加国際病院理事に就任。

1982年自治医科大学客員教授就任、 日本医師会最高優功賞を受賞。

1984年、国際内科学会会長就任。

1985年フィラデルフィア医師会日米医学科化学者賞を受賞。

1986年、日本バイオミュージック研究会(現・日本音楽療法学会)初代会長就任。

1987年、国際健診学会会長就任、医療秘書教育全国協議会初代会長就任。

1987年、日本総合健診医学会会長就任。

1989年、キリスト教功労者顕彰

1992年、聖路加国際病院院長に就任、無給で院長を務めた。

1993年、勲二等瑞宝章受章。

1995年3月、地下鉄サリン事件では同病院に多数の患者を収容し、院長として陣頭指揮した。

1996年、財団法人聖路加国際病院一般財団法人聖路加国際メディカルセンター)理事長に就任、院長を退任し聖路加国際病院名誉院長となる。

1998年、聖路加看護大学名誉学長及び名誉教授、東京都名誉市民トマス・ジェファーソン大学人文科学名誉博士。1999年、文化功労者に選ばれる。

2005年、文化勲章受章。

2017年7月18日死去、享年105。

主な著書

生きかた上手

生きかた上手

100万部を超えるベストセラーとなった。