スマートフォン用の表示で見る

日野資朝

社会

日野資朝

ひのすけとも

日本の鎌倉時代後期の公卿後醍醐天皇に登用され、日野俊基らと討幕計画を進めたが発覚し、佐渡島へ流罪となった。その後、佐渡島で処刑された。