スマートフォン用の表示で見る

日蓮

一般

日蓮

にちれん

日蓮 1222年-1282年

日蓮宗の信者は日蓮大聖人と呼ぶことになっているらしい。

鎌倉時代の僧侶で日蓮宗開祖

字は蓮長で死後のおくり名は立正大師

安房小湊(現鴨川市)の出身.

法華経」によってのみ末世の国家の平安もありうることを悟ったとされる.

1253年,日蓮宗を開いた.

立正安国論」で伊豆に配流される.その後,赦免されるが幕府や諸宗批判をやめず,佐渡に配流.また許されて甲斐身延山に隠棲した.武蔵国千束郡で没.

日蓮宗の浸透

日蓮が「法華経を立てなければ国が滅ぶ」と主張し『立正安国論』を鎌倉幕府5代執権*1北条時頼に献上したのが1260年、文永の役が1274年、弘安の役が1281年、日蓮の没年は1282年である。

他にも色々な話があって日蓮元寇を予言したとされ、日蓮宗が浸透する大きな要因となった。

極一部ではあるが、今も『日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ?』と主張される方がいる。。。

*1:当時すでに退職していたが院政もどきで実権を握っていた。