日露和親条約 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

日魯通好条約

にちろつうこうじょうやく

1855年2月7日安政元年12月21日)に伊豆下田(現・静岡県下田市長楽寺において、日本とロシア帝国の間で締結された条約。日本(江戸幕府)側全権は大目付筒井政憲勘定奉行川路聖謨ロシア側全権は提督プチャーチン

条約によって、千島列島択捉島得撫島の間に国境線が引かれた。樺太においては国境を設けず、これまでどおり両国民の混住の地とすると決められた。この条約1895年明治28年)に締結された「日露通商航海条約?」によって領事裁判権をはじめ全て無効となった。

条約正式名称は「日本国魯西亜国?通好条約」であり、条約締結当時の日本では「日魯和親条約日露和親条約)」と表記していた。また締結時のロシア帝国は「露西亜」でなく「魯西亜」と表記されていた。