日據時代

一般

日據時代

にっきょじだい

日拠時代。

台湾における日本の統治時期。具体的には1895年明治28年)4月17日、日清戦争後の下関条約による割譲から1945年昭和20年)8月15日、日本の敗戦までの期間。日治時代、日據時代、日本殖民時期といった呼称があり、中でも「日據時代」の語には日本統治に対する批判的意味合いが強い。

社会インフラから文化と言葉などにいたるまで、台湾の行方に多大の影響を与えた。

台湾の独立をとなえた前総統の李登輝は日本の統治政策を評価しているが、一方台湾中国の一部と認識する親民党国民党は日本の統治は搾取であり、李登輝の言動は売国的と批判している。

  1. 参考リンク