乳糖

サイエンス

乳糖

にゅうとう

哺乳類の乳の中に少量(約5%)含まれる二糖類。ラクトース(lactose)とも呼ばれる。化学式、C12H22O11

D-ガラクトースとD-グルコース(ブドウ糖)がβ-1.4ガラクシド結合したもの。

α体とβ体が存在する。

乳酸菌の作用を受け、乳酸発酵する。