スマートフォン用の表示で見る

如来教

一般

如来教

にょらいきょう

仏教系の宗教1802年尾張熱田に住んでいた一尊如来きのが創始した。1876年に曹洞宗の僧侶であった小寺大拙が39歳で入信し、教団を中興させ、その際、禅宗の儀式が移入された。その後、1884年に名称を曹洞宗法樹寺説教所鉄地蔵堂と改称。1952年宗教法人如来宗と改称。1962年宗教法人如来教と改称した。