スマートフォン用の表示で見る

尿療法

一般

尿療法

にょうりょうほう

尿を用いて健康の回復や増進を図る民間療法の一。英語では Urine Therapy と言い、UT と略されることも多い。

特に自分の尿を飲むものを言う場合が多く、飲尿療法自尿療法 (Auto Urine Therapy: AUT) などとも呼ばれている。

効果の理由としては、尿素説、ビタミン説、ホルモン説 (メラトニン、DHEA、HGH、エストロゲン等)、抗体説 (天然ワクチン説)、喉センサー説、プラセボ説 (プラシーボ。心理的効果) などが提唱されているが、いずれも直接的・間接的な研究があり、相乗効果の可能性も考慮されている。