スマートフォン用の表示で見る

忍者龍剣伝

ゲーム

忍者龍剣伝

にんじゃりゅうけんでん

テクモ発売・制作のアクションゲームのシリーズ。

1988年にアーケードゲームが登場、1988年12月9日にファミリーコンピュータ版が発売された。アーケード版とファミコン版は別物。

ファミコン版は父の仇を討つ為に立ち上がった若き忍者リュウと、謎の組織との戦いを描く横スクロールアクション。忍術や壁昇りなどを駆使して進むシンプルだがキレの良いアクションと、良質なグラフィック・音楽などで、難度は高いがゲーム自体のレベルも高くまとまった名作。

キャプテン翼』に続くテクモシアターシリーズVol.2として制作され、ステージクリア毎にストーリーデモが挿入されるのが大きな特徴。それまでのアクションゲームにはない重厚なストーリー性が盛り込まれた、エポックメイキング的作品として今なお評価が高い。

また、主人公リュウ・ハヤブサは、後に同社の対戦格闘ゲームDEAD OR ALIVE』シリーズに、使用キャラクターの一人としてパラレル的に登場。XboxアクションゲームNINJA GAIDEN』では主役を務めた。*1

シリーズ作品

*1:『DEAD OR ALIVE』のハヤブサファンの間では、このハヤブサもまた別物として、パラレル的扱いのようだ。

*2Wiiバーチャルコンソールで2007年4月10日より配信されている

*3ファミコン版のリメイク作品

*4忍者龍剣伝1〜3を収録したリメイク作品