認定司法書士

社会

認定司法書士

にんていしほうしょし

日本の司法書士一種。所定の研修を修了し、簡裁訴訟代理能力認定考査で認定を受けると認定司法書士になることができる。

司法書士が行う通常業務の他、簡易裁判所における民事訴訟手続、訴え提起前の和解(即決和解)手続、支払督促手続、証拠保全手続、民事保全手続、民事調停手続、少額訴訟債権執行手続、裁判外の和解について代理する業務、仲裁手続、筆界特定手続の各手続きについて代理をする業務等を行うことができる司法書士のことである。