スマートフォン用の表示で見る

猫ちぐら

動植物

猫ちぐら

ねこちぐら

新潟県関川村の手作り民芸品。

底の直径20〜45センチ、高さ16〜38センチのドーム形をした猫用の家。

農作業で忙しい家族は,赤ん坊を竹,藁(わら)などで作った籠(かご)「つぐら」に入れて育てていた。

戦後,飼猫もつぐらに入れてあげましょうと,心優しい関川村の人々が「猫ちぐら」を作りはじめたのだとか。