年越し派遣村

一般

年越し派遣村

としこしはけんむら

2008年12月31日〜2009年1月5日まで、住む家が無い派遣労働者や元派遣労働者らを支援するため東京都千代田区日比谷公園に設けられた施設。

昼食の炊き出しや、弁護士らによる各種相談活動、仮設テントによる寝る場所の提供が行われた。

入村者は最終的に500人程度に達し、収容可能人数を越えたことから、主催者が厚生労働省と掛け合って省の講堂施設の提供を受けたほか、閉村となった1月5日以降についても、東京都などの施設の提供を受けることで、引続き寝場所が提供される目処が立った。