スマートフォン用の表示で見る

年度代表馬

スポーツ

年度代表馬

ねんどだいひょうば

日本における年度代表馬とは、当該年度の中央競馬を代表する競走馬のこと。

報道関係者の投票結果に基づき、新聞・放送・競馬専門紙の代表者で構成される「JRA賞受賞馬選考委員会」において投票により、JRA賞競走馬各部門賞*1の中から、全参加者の1/3以上の得票を得た馬が選出*2され、翌年1月に行われるJRA賞授賞式において表彰される。

なお、1986年までは月刊誌優駿」の主催で行われ、1987年以降はJRAの主催で行っている。

また、海外競馬にはカルティエ賞年度代表馬エクリプス賞年度代表馬など、同様の制度があり、地方競馬全国協会NAR)にもNARグランプリ年度代表馬などがある。


歴代年度代表馬一覧

年度馬名主な勝ち鞍
1954年ハクリヨウ天皇賞(春)
1955年オートキツ?日本ダービー
1956年メイヂヒカリ天皇賞(春) 有馬記念
1957年ハクチカラ天皇賞(秋) 有馬記念
1958年オンワードゼア?天皇賞(春) 有馬記念
1959年ウィルディール?皐月賞
1960年コダマ皐月賞 日本ダービー
1961年ホマレボシ?有馬記念
1962年オンスロート天皇賞(春) 有馬記念
1963年メイズイ皐月賞 日本ダービー
1963年リュウフォーレル?宝塚記念 天皇賞(秋) 有馬記念
1964年シンザン皐月賞 日本ダービー 菊花賞
1965年シンザン宝塚記念 天皇賞(秋) 有馬記念
1966年コレヒデ天皇賞(秋) 有馬記念
1967年スピードシンボリ天皇賞(春)
1968年アサカオー菊花賞
1969年タケシバオー天皇賞(春)
1970年スピードシンボリ宝塚記念 有馬記念
1971年トウメイ天皇賞(秋) 有馬記念
1972年イシノヒカル菊花賞 有馬記念
1973年タケホープ日本ダービー 菊花賞
1974年キタノカチドキ皐月賞 菊花賞
1975年カブラヤオー皐月賞 日本ダービー
1976年トウショウボーイ皐月賞 有馬記念
1977年テンポイント天皇賞(春) 有馬記念
1978年カネミノブ有馬記念
1979年グリーングラス有馬記念
1980年ホウヨウボーイ有馬記念
1981年ホウヨウボーイ天皇賞(秋)
1982年ヒカリデユール有馬記念
1983年ミスターシービー皐月賞 日本ダービー 菊花賞
1984年シンボリルドルフ皐月賞 日本ダービー 菊花賞 有馬記念
1985年シンボリルドルフ天皇賞(春) ジャパンカップ 有馬記念
1986年ダイナガリバー日本ダービー 有馬記念
1987年サクラスターオー皐月賞 菊花賞
1988年タマモクロス天皇賞(春) 宝塚記念 天皇賞(秋)
1989年イナリワン天皇賞(春) 宝塚記念 有馬記念
1990年オグリキャップ安田記念 有馬記念
1991年トウカイテイオー皐月賞 日本ダービー
1992年ミホノブルボン皐月賞 日本ダービー
1993年ビワハヤヒデ菊花賞
1994年ナリタブライアン皐月賞 日本ダービー 菊花賞 有馬記念
1995年マヤノトップガン菊花賞 有馬記念
1996年サクラローレル天皇賞(春) 有馬記念
1997年エアグルーヴ天皇賞(秋)
1998年タイキシャトル仏・ジャックルマロワ賞 安田記念 マイルチャンピオンシップ
1999年エルコンドルパサー仏・サンクルー大賞
2000年テイエムオペラオー天皇賞(春) 天皇賞(秋) 宝塚記念 ジャパンカップ 有馬記念
2001年ジャングルポケット日本ダービー ジャパンカップ
2002年シンボリクリスエス天皇賞(秋) 有馬記念
2003年シンボリクリスエス天皇賞(秋) 有馬記念
2004年ゼンノロブロイ天皇賞(秋) ジャパンカップ 有馬記念
2005年ディープインパクト皐月賞 日本ダービー 菊花賞
2006年ディープインパクト天皇賞(春) 宝塚記念 有馬記念
2007年アドマイヤムーンドバイデューティーフリー 宝塚記念 ジャパンカップ
2008年ウオッカ安田記念 天皇賞(秋)
2009年ウオッカヴィクトリアマイル 安田記念 ジャパンカップ
2010年ブエナビスタヴィクトリアマイル 天皇賞(秋)
2011年オルフェーヴル皐月賞 日本ダービー 菊花賞 有馬記念
2012年ジェンティルドンナ桜花賞 優駿牝馬 秋華賞 ジャパンカップ
2013年ロードカナロア高松宮記念 安田記念 スプリンターズS 香港スプリント
2014年ジェンティルドンナドバイシーマクラシック 有馬記念
2015年モーリス安田記念 マイルチャンピオンシップ 香港マイル
2016年キタサンブラック天皇賞(春) ジャパンカップ

*1最優秀2歳牡馬最優秀2歳牝馬、最優秀3歳牡馬、最優秀3歳牝馬、最優秀4歳以上牡馬、最優秀4歳以上牝馬最優秀父内国産馬、最優秀短距離馬、最優秀ダートホース、最優秀障害

*2:規定を満たさない場合は審議委員会裁定