読書

燃える男

もえるおとこ

A・J・クィネルのデビュー作。その後、クリーシーシリーズとして人気作となっている。1980年執筆。

かつては外人部隊で勇名を馳せたアメリカ人クリーシィも今や五十歳目前、虚無感に陥りかけていた。そんな彼が、とあるイタリア人実業家の令嬢ボディガードに雇われ、十一歳の少女との心の交流を通じて人生に希望をとり戻してゆく。だが娘は何者かに誘拐・惨殺されてしまった。怒りに燃えたクリーシィは、たったひとり復讐に立ちあがる!  ――クィネルのデビュー作、待望の登場。

マイ・ボディガード』(邦題)として映画化されている。

音楽

燃える男

もえるおとこ

NET(現テレビ朝日)で放送された「右門捕物帳」で、主役の杉良太郎がエンディングで歌っていた曲。

♪「明日の〜夜明けを呼ぶために〜俺の命は燃えている」という歌詞から始まる。かなりの名曲であるが、

カラオケでもユーチューブでも見当たらず、幻の曲である。

スポーツ

燃える男

もえるおとこ

全力プレーで鳴らした、長嶋茂雄の愛称。

近年は星野仙一にも使用される。


また、サッカー界においてはラモス瑠偉に対して使用する。

トラクター界では小林旭

音楽

燃える男

もえるおとこ

右門捕り物帳のエンディング・テーマ。主人公を演じた杉良太郎が熱唱する。テレビ朝日系(当時はNET系)。

スポーツ

燃える男

もえるおとこ