納富貴久男

映画

納富貴久男

のうとみきくお

ガンエフェクトアドバイザー

昭和30年、東京都世田谷区生まれ。

大学在学中に銃器と映画の世界に魅せられ、友人たちと自主映画製作をはじめる。 独学で高度な特殊効果技術を身につけ、モデルガンショップの店長を務めていた昭和59年、実験的に作った作品が東映プロデューサーの目にとまり、昭和61年公開の映画「キャバレー」の特殊効果を任される。

以後、銃器専門の特殊効果チーム「BIG SHOT」を立ち上げ、映画界に本格進出。 平成元年より制作されたVシネマ「クライムハンター」シリーズなどで描かれる独自のリアリティは、日本映画界のガンアクションに大革命を引き起こした。

今日では、日本映画界最高峰の特殊効果マンとして、北野武深作欣二押井守といった監督の作品他、日本を代表する映画・TVドラマガンエフェクトを手掛けている。

主な代表作