能因

読書

能因

のういん

永延2年(988年)〜永承5年?(1050年)または康平元年?(1058年)

日本の平安時代中期の僧。歌人。俗名は橘永緂。

長和2年(1013年)出家した。中古三十六歌仙の1人である。