スマートフォン用の表示で見る

能楽堂

アート

能楽堂

のうがくどう

能舞台を備えた、能楽を上演するための劇場。

明治以降、幕府の保護を失ったため、役者の所有する稽古用能舞台で演能を催すようになったのが、現在の能楽堂の始まりである。

当初は桟敷席や御簾席を備えた能楽堂が大半であったが、最近は椅子席の能楽堂が主流になっている。