能見堂跡

地理

能見堂跡

のうけんどうあと

能見堂とは寛文年間(1661〜73)に地頭の久世大和守広之が再興した擲筆山地蔵院のこと。

かつては、ここから武州金沢の海が一望できたそうだ。