スマートフォン用の表示で見る

脳波

脳が働いている時の電気活動をとらえたもの。脳電図、EEG(Electroencephalogram)とも。


1875年イギリス科学者リチャード・カートンウサギと猿の脳から電気活動を発見したのが始まりだとされる。

1924年ドイツ神経科学者ハンス・ベルガーが人間の脳波を初めて観測した。

計測方法

一般的には「頭皮上電極」とよばれる非侵襲型の計測が使用されるが(これが一般的な脳波計)、より詳細なデータが必要な場合は頭を切り開いて電極を設置する「脳表電極」もある。

設置位置は「国際10-20法」と呼ばれる計21個の電極を頭皮に置く方法が一般的。

脳波の種類

脳波はδ(デルタ)波、θ(シータ)波、α(アルファ)波、β(ベータ)波、γ(ガンマ)波の5つに分けられる。

順に振幅が激しい。

δ(デルタ)波

  • 通常、成人の深い眠りの際や幼児から観測される。1-3Hz

θ(シータ)波

  • 幼少期や眠気がある時、何も考えていない時に観測される。4-7Hz

α(アルファ)波

  • リラックス時、目を閉じている際に観測されやすい。8-13Hz

β(ベータ)波

  • 何かに注意を向けていたり、不安を抱えている際に観測されやすい。14-26Hz

γ(ガンマ)波

  • 異なった感覚の様式に関連した知覚をした際に観測されやすい。26-70Hz

それ以上

  • 測定技術の進歩により、数千Hzといったレベルの脳波も測定出来る様である。

脳波の活用

脳波は発見以降、客観的心理的データとして様々な場面で使われている。

てんかん意識障害睡眠障害精神疾患などの際に臨床検査として計測する場合が多く、医学的にも利用価値が高い*1

また、近年人間の生体反応を測定してコンピューターを動かす「ブレイン・マシン・インターフェースBMI)」の分野でも注目が高い。

米軍が戦場での脳波活用を研究したり*2、2万円程度のローコストの脳波デバイスなども出回っている。

代表的な例として、米NeuroSkyの『MindSet』や米Emotiv社の『EPOC』などはゲーム用機器や安価脳波デバイスとして注目を集めている。

*1:ちなみに読み方を覚えれば医師でなくてもある程度分かったりする。反応が鈍くふらついているので統合失調症、等々。

*2CNS Lab: Home

目次