スマートフォン用の表示で見る

農業協同組合

農業協同組合

のうぎょうきょうどうくみあい

日本において農業者によって組織された協同組合のことである。略称は「農協」で愛称は「JA」である。1948年から次々と設立された。農業協同組合法によって定められており、農業生産力の増進と農業者の経済的・社会的地位の向上を図るための協同組織とされている。事業内容は組合員(農業者)の生産物の販売事業から組合員への農業資材等の購買事業、さらには貯金や融資などの信用事業や組合員を主な対象にした生命保険損害保険などの共済事業など多岐にわたっている。

通常、「JA」を名乗っている農業協同組合は地域の農業者が集まって出資した総合農協の事を指し、同じ生産物の農家だけが集まった農業協同組合である専門農協は別系統なので「JA」を名乗っていない。