農業経営基盤強化促進法

社会

農業経営基盤強化促進法

のうぎょうけいえいきばんきょうかそくしんほう

日本の法律

(昭和五十五年五月二十八日法律第六十五号)

   第一章 総則

(目的)

第一条
この法律は、我が国農業が国民経済の発展と国民生活の安定に寄与していくためには、効率的かつ安定的な農業経営を育成し、これらの農業経営が農業生産の相当部分を担うような農業構造を確立することが重要であることにかんがみ、育成すべき効率的かつ安定的な農業経営の目標を明らかにするとともに、その目標に向けて農業経営の改善を計画的に進めようとする農業者に対する農用地の利用の集積、これらの農業者の経営管理の合理化その他の農業経営基盤の強化を促進するための措置を総合的に講ずることにより、農業の健全な発展に寄与することを目的とする。


以下、略