波多野秀尚

社会

波多野秀尚

はたのひでひさ

日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての丹波国の武将。波多野晴通の子。

兄の波多野秀治とともに八上城に籠城し織田氏の家臣である明智光秀の軍勢と戦ったが降伏。兄とともに安土に送られ、慈恩寺磔刑で殺された。