スマートフォン用の表示で見る

波多野敦子

音楽

波多野敦子

はたのあつこ

波多野敦子 Atsuko Hatano


音楽家1975年生まれ。3歳からバイオリンピアノを通じて、譜面と音程に慣れ親しむ。それを基に大きな振り幅の中で現在、音楽活動を発展させている。バイオリン、その他にもチェロピアノの演奏をし、作曲、ストリングス・アレンジなどを手がけている。


パフォーマンスではダンス、映像、アート作品とのコラボレーションが多く、コンテンポラリーダンサーの東野祥子(BABY-Q)や黒子さなえ、造形作家の吉田容子らと共演。


ソロライブではチェロバイオリンピアノ、声を使い、スコアに捕らわれない自由奔放な演奏スタイルをとる。



経歴 history


2003年9月、1stアルバム《13の水》を自主制作。現在は次作準備中。

2004年9月、映画《偶然のつづき》(遠藤尚太郎監督)に音楽提供。

2006年12月、映像作品《箱とダイブ》(THE RKP監修)に音楽提供。

2004年〜2007年、画家nakabanとの共同映像作品《三つの箱》を制作、2007年4月にDVDでnobleレーベルよりリリース。


三つの箱-poca luce,poco lontano- [DVD]

三つの箱-poca luce,poco lontano- [DVD]