派生需要

派生需要

(一般)
はせいじゅよう

本来需要を満たすために生まれる派生的な需要。例えば、通勤通学といった交通機関の利用の需要は「学校で勉強する」ことや「職場で仕事をする」需要を実現するために派生的に発生する需要であって、移動のために移動するのではない。これを抑制した場合でも本来需要が減少しなければ、効用は減少しない。

関連キーワード

  • リスト::経済関連