破調

読書

破調

はちょう

 俳句で、5・7・5の定型俳句にとらわれずに詠んだ句のこと。

種田山頭火の「分け入っても分け入っても青い山」とか

尾崎放哉の 「咳をしても一人」

などが有名。