馬廻

社会

馬廻

うままわり

日本の江戸時代に主君などの乗った馬の周囲で警護をする騎馬武者のこと。戦国時代末期から職制化され、特定の者が任命された。