馬頭琴

音楽

馬頭琴

ばとうきん

モンゴルの伝統楽器、モリン・ホール*1のこと。

二弦の弦楽器。先端部分が馬の頭部を象っているのでこう呼ばれる。

弦は馬のしっぽの毛を束ねて作られる、同じく馬のしっぽを張って作られた弓を使って演奏する。

日本では、小学校の国語教科書掲載の「スーホの白い馬」のキーアイテムとしても知られている。

*1:「馬の楽器」の意