背割れ

読書

背割れ

せわれ

本文用紙をくっつけている接着剤部分が,本を開いた時に縦に割れてしまうこと。無線綴じの場合,そのまま本全体の壊れとなる。糸かがりとじではそのまま壊れにはならないが,背を補強するか逆に他の部分も割るかして開いたときの力を分散させないと,壊れにつながる。