背水の陣

一般

背水の陣

はいすいのじん

絶体絶命の窮地に置き、決死の覚悟で全力を尽くすこと。

背後に大河の控える逃げ道のない死地に陣を敷いたことで、兵たちに決死の覚悟で奮戦させ活路を開いたという漢の大将軍・韓信の故事から由来している。出典:史記(淮陰侯列伝)

英語では「burn one's boats.」(船を焼く)という表現が同様の意味に用いられる。