スマートフォン用の表示で見る

配当割引モデル

一般

配当割引モデル

はいとうわりびきもでる

配当割引モデルDDM(Dividend Discount Model)

資本,証券の理論価値の考え方の1つ.

証券が将来生み出す各期ごとの収益(株なら配当)を想定する利回りで現在の価値に割り引いた値の合計をもって現在の適正な価値とするというのが基本である.

単純な場合,株式の配当をその時の利子率で割り引いて株式理論株価とする.

配当の代わりに利益率の割引きや、利益成長率、リスクプレミアムを考慮する計算方法もある