梅屋庄吉

映画

梅屋庄吉

うめやしょうきち

1868〜1934 長崎県出身日活の創設者にして、孫文中国革命の援助者。

若くして香港に渡り、写真業で成功。その折に孫文と親交を結び、彼の思想に共鳴して、財政的な援助を行う。

のち、中国を追放されるが、途中滞在したシンガポールで映画に目覚め、帰国後、日本活動写真株式会社(のちの日活)を創立。

映画で稼いだ巨富を、孫文に生涯、援助し続けた。