スマートフォン用の表示で見る

梅酒

梅酒

うめしゅ

:アルコール飲料

  • まだ青い状態の梅の実を清潔な密閉できる瓶に入れ、ホワイトリカーと氷砂糖で漬け込んで梅の風味をうつしたリキュール(擬似果実酒)。アルコールの苦手な人間でも、比較的飲みやすい(と思われる)。
  • ホワイトリカー焼酎)の変わりに、ブランデーなどを使うとまた一味違う。
  • ロックでも、水割りでも、ソーダ割にしても。濃い梅酒シロップ代わりにカキ氷もなかなかいける。
  • 健康に良いとされているが、飲みすぎには注意。特に、すーっとさっぱりしていて飲みやすい印象のある梅酒は、度が高いものが多いので注意。
  • うめしゅ、の他に、ばいしゅとも読む。
  • 市販のものではチョーヤ梅酒が有名。また、鹿児島や宮崎の梅酒も人気がある。
  • 日本においては梅酒果実酒の中で一番人気を誇り、「果実酒の王様」と言われている。

梅酒にカリン酒、イチゴ酒も!自宅で手作り果実酒を楽しもう - はてなニュース

梅酒の作り方

基本的なレシピ

  • 作り方
    1. 保存容器を熱湯やアルコール分で殺菌して完全乾燥させておく
    2. 青梅を水で丁寧に洗った後、かぶる位の水に2〜3時間つけてアク抜きをする
    3. 水気をしっかりふきとり、軸を取る。(竹串を使用するとよい)また、梅の表面に傷があるものは腐敗の原因になるので省く。
    4. 梅と氷砂糖を交互に保存瓶に入れた後、焼酎を注いで蓋をする。
    5. 冷暗所にて保存、時々、糖分を均一にするように保存容器を揺するとよい。
    6. 保存期間:3ヶ月であっさり、半年〜1年で市販の梅酒程度になる。

アレンジ

ダイアリークラブ

はてな梅酒出し

↑このキーワードをご自分のダイアリーで書くと、梅酒を漬けた方とつながることができます。