萩原厚生

読書

萩原厚生

はぎわらこうせい

翻訳家。1902年-?

鹿児島県奄美大島出身。東京帝国大学文学部仏文科卒。東大図書館司書。兄の萩原正徳は三元社を経営。

著書

  • 『農村教育 農村の新しい指導者のために 論説室の窓』長野県農村文化協会 1954 2版.

翻訳

  • 『乙女心」グウルモン 春陽堂 1924
  • 『ソヴェート政權獲得史』ピオントコフスキー 伊藤好道共譯 南蠻書房 1929
  • 『正義・善・霊・神の唯物史観』ポール・ラフアルグ 先進社 1930
  • 『ミュッセ小説集』春陽堂 世界名作文庫 1932 春陽堂文庫 1948