伯夷・淑斉

読書

伯夷・淑斉

はくいしゅくせい

周の武王が悪辣な殷の紂王(ちゅうおう)を討とうとした際、留めに入った兄弟。周の粟は食べず、と首陽山でワラビだけを食べ、餓死した。