スマートフォン用の表示で見る

柏の葉公園

一般

柏の葉公園

かしわのはこうえん

千葉県立柏の葉公園は、千葉市柏市にある千葉県都市公園。「柏の葉公園管理グループ」*1指定管理者として公園の管理・運営を行っている。

東葛飾地域のほぼ中央部に位置し、地域の「緑・スポーツ・文化」の拠点として整備が進められている公園で、45.0haの広大な敷地に芝生広場、多種類の樹木林、花壇など豊かな自然が楽しめるほか、柏の葉公園総合競技場や県立柏の葉公園野球場?のほか、コミュニティ体育館、庭球場などのスポーツ施設、更には日本庭園をはじめとする文化施設があり、子どもからお年寄りまで幅広い年齢の方々の憩いの場となっている。

公園の土地は、もともと旧帝国陸軍東部第105部隊が使用していた軍用地であり、柏飛行場の跡地である。 第二次世界大戦後、アメリカ軍・柏通信所に接収され、1981年に政府と県、市との間によって締結された跡地利用に関する覚書に沿って、日本国が所有する分を東京大学の柏キャンパス千葉大学園芸学部附属柏農場(現 環境健康フィールド科学センター)として、県と市の所有分を広域公園として整備することを計画し、設立された。