スマートフォン用の表示で見る

白いボールのファンタジー

音楽

白いボールのファンタジー

しろいぼーるのふぁんたじー

プロ野球パシフィック・リーグの二代連盟歌*1

(作詞;嶋田富士彦 作曲:中村八大 唄;トランザム

1976年太平洋野球連盟パシフィック・リーグ)は、連盟歌を一般公募する。

応募は5,285通の中から作曲の中村八大*2を審査委員長として厳正なる審査を行い、

当時26歳の嶋田富士彦作「白いボールのファンタジー」が最優秀作品に選ばれ制作された。

トランザムが歌い、1978年3月、ビクターレコードから発売される。

以後、パシフィック・リーグの公式戦の試合前に、各球場で流れることになる。


爽快なメロディーと、ファンの視点から見た歌詞が人気を博し、

パシフィック・リーグファンに永く伝えられてきた。


当初、一番の歌詞は「夕映え染まるスタジアム」であったが、デーゲームの意味を含めた「青空に輝くスタジアム」となった。


2004年の球界再編問題に関して、その存在がプロ野球ファン全体に広まり、

プロ野球選手会が製作し、選手が歌うバージョンがCD化され、ストライキ時に球場を訪れたファンに無料で配布された。


また、セントラル・リーグの連盟歌「六つの星

(作詞:能丸武 作曲:中山大三郎 編曲:高田 弘 唄:細川たかし

1976年に発表されている。こちらの方は最近ではほぼ聞かれなくなった。


現在は、すべてのパシフィック・リーグの球場で、試合開始前にフルコーラスで流れている。


今後もパ・リーグのファンを中心に歌われ、愛されてる歌となるであろう。


(2004.9.22 追記)

ビクターエンタテインメントよりCD-MAXIにて9/30に発売されます。

(シングルレコードでは出ていたがCDでは初)

*1:初代連盟歌は「おゝパシフィック

*2:「上を向いて歩こう」や「こんにちは赤ちゃん」、「遠くへ行きたい」、「明日があるさ」など数々のヒット曲で知られる。