スマートフォン用の表示で見る

白井晟一

アート

白井晟一

しらいせいいち

建築家(1905-1983)。京都生。 「異端の建築家」と呼ばれる。また、書家装丁家としても知られ、中公新書装丁は白井の手になるものである。

青山学院中・高等部をへて東京物理学校へ。しかし、1923年関東大震災京都疎開京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)で建築京大哲学を学び、その後、1928年ドイツ・ハイデルベルグ大学に入学し実存主義哲学者カール・ヤスパース哲学を学ぶ。その後ベルリン大学へ入学。

林芙美子のパリ滞在時の「巴里日記」に出てくる「恋人S氏」は、白井晟一だと言われる。

また、磯崎新のエッセイ「都市破壊業KK」にでてくるsという人物や、手塚治虫の「ブラック・ジャック」は、彼がモデルではないかとか、ヨーロッパ時代は怪盗や殺し屋だったという説がある。


□代表作

親和銀行本店

・ノアビル

渋谷区松涛美術館

・石水館