白河口の戦い

社会

白河口の戦い

しらかわぐちのたたかい

白河口の戦い(しらかわぐちのたたかい)

1868年、要地である白河城をめぐる会津藩仙台藩を中心とする旧幕府軍と新政府軍の一連の戦い。戊辰戦争における会津戦争の一部。新政府軍は、圧勝により白河城を攻略。以後旧幕府軍は幾度となく白河城の奪回を試みたが撃退され、結果、会津戦争勝敗の最大の鍵を握った激戦は新政府軍の勝利に終わり、戊辰戦争の戦局に大きな影響を与えた。